熊本市 鍼灸|初めての方へ

当院の施術方針


サーモラボ画像.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

20180310 鍼灸施術.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
チンニング画像ver3.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

IMG_20190522_164614_437.jpg1559552284034.jpg

IMG_20190928_070317_054.jpg

 

当院は、

本気で症状を改善させたい!!

健康維持・増進をして行きたい!!

「元」の状態に戻りたい!!

そんな希望をお持ちの方を対象として、施術にあたっております。

骨格の歪み、筋肉の異常から症状の真の原因を見つけ出し、背骨の中を通る神経の流れを正しくとりもどす事を目的として施術にあたっております。

また、一人ひとりにあったオーダーメイドな施術を行う整骨(骨格構造を正す事)と鍼灸と運動療法を軸に活動している施術院です。

背骨の下から上まで全てを調べ、どのレベルに問題が生じているかを的確に見つけだしアプローチポイントを調整していきます。

局所だけを診る事はせず、全体のバランスをみて何故そこに痛みが出てしまったのか??

等を考察し、クライアント様と二人三脚で症状に対応する事を心掛けて施術にあたっております。

問診・検査等せず、むやみやたらに身体に触れるような事はありません。

また、クライアント様の施術依頼を最優先しますので…

施術を強制する事はありません。

受けたい施術を事前に相談し、決定していきます。

身体を最高の状態にしようとする自然治癒力を物理的に解放し、

「本気で治療したい!!」

「現状を改善したい!!」

クライアント様の思いを、私が全力でサポートさせていただきます。

20180312 医師.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

施術について

徒手検査画像.JPG 柔道整復師・鍼灸師による施術は、健康保険の対象となる場合と対象外の場合があります。慢性的な疾患・負傷原因が不明なものに対しては、保険診療が適用され ません。また、同一の負傷について同時期に整形外科の治療と柔道整復師・鍼灸師の施術を重複して受けた場合は、原則として柔道整復師・鍼灸師の施術料は全額自己負担となり ます。

現在の保険診療では最低限の施術しか行えません。

患者様のすべての痛みに保険を適応することができませんので…

「本気で症状を改善させたい‼」

とお考えの方には、一部療養費支給対象外の施術を提案させて頂いく事があります。

鍼灸施術に関しましても、医師の同意書がない場合は自費施術とさせていただきます。

また、慰按目的のマッサージなどは自費にて対応する形にしております。何卒、ご理解のほどよろしくお願いします。

なお、損傷を見極める手段の一つとしてX線撮影があります。これは、「医師・歯科医師・診療放射線技師でなければ放射線を人体に照射してはならない」というように規定されています。当院では医師の診断・レントゲン撮影などを最優先させていただきますので、症状によりまして直接紹介させていただく場合もございます。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3070/r141

時間予約制のお願い

当院では、皆さんの無駄な待ち時間を無くし、スムーズに治療出来るように、事前に施術の予約をさせて頂いております。

ご予約制とさせていただくことにより、あらかじめ施術内容について打ち合わせ・準備が可能となり、より効率的に施術が行えます。

○ お約束のお時間に必ずお越しくださいませ。
○ 時間の変更がある場合は、前日までにご連絡ください。

ま た、キャンセルされた方のお時間で、急性の痛みのある方を一人でも早く施術して差し上げることも可能になります。また、施術プログラムの中でお伝 えしなければならないこともございますので、キャンセルの際は必ずご連絡ください。施術が計画通り進まなくなるばかりでなく、余計にお時間、費用がかかっ てしまうこともあります。

予約をキャンセルされる際は、必ずご一報ください。

急を要する患者さんの来院、予定していた患者さんが遅れて来院、予想外の施術時間の延長等、整骨業務と鍼灸業務を行うにあたり様々なことがございます。当院は、皆さんをお待たせしないよう最善の努力をしてまいりますのでご協力お願いします。

施術の中断について

しっかりと原因を取り除くためには、最後まで施術を受けて頂くことが重要です。皆さんの効果を最大限に、かつ最小限の施術で行うために、皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

整骨院のかかり方

■ 健康保険が使える場合

  • 捻挫
  • 打撲
  • 挫傷(肉離れなど)
  • 骨折・脱臼(応急手当を除き、医師の同意が必要)

■ 健康保険が使えない例

  • 日常の疲れや肩こり
  • 仕事によるものは、「労災への申請」とされ慢性疲労性のもの
  • スポーツによる筋肉疲労
  • 病気(神経痛・関節痛・五十肩・ヘルニアなど)からくる痛みやこり)
  • 脳疾患後遺症などの慢性病
  • 単なるリラクゼーション目的のマッサージ・・・等  

  • ※すべての症例に保険が使用できるとは限りません。

  • ※保険適応は、症例に加え、加入している保険組合などにより適応範囲がかわったりします。全てのお身体の不調を保険で対応する事は現状できません。ご注意ください。

  • ※体験談を掲載する事、before・afterの画像掲載、有名人が通院しているなどの広告記載は、医療機関の広告規制の対象となっております。当院は、法令順守を心掛けておりますので。体験談等の書き込みを依頼する事は一切ありません。

  • 厚生労働省HP「柔道整復師等の施術に関する療養費の取り扱いについて」http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/jyuudou/index.html

院内ギャラリー

  • IMG_2151_20170913155610.JPG